現在、住宅関連のリフォームやエコ対策の為に、政府による各種減税制度が行われています。
是非、この機会にご利用ください。

太陽光発電システムの優遇制度

太陽光発電システムの補助金

住宅用太陽光発電システムの設置に対して、いま行政から手厚い支援が受けられます。 設置時には補助金が給付され、発電した電力は従来の2倍の価格で電力会社が買い取るように なっています。太陽光発電システムにはいま追い風が吹いていると言えます。

2009年11月1日よりスタートした太陽光発電の固定価格買取制度により、電力の買取価格が大幅に引き上げられました。

国が実施する太陽光発電の補助金制度(平成23年度)

平成23年度も、国が実施する太陽光発電システムの補助金が継続されることになりました。ただし、補助金額は去年よりも引き下げられています。これは、太 陽光発電システム自体の価格相場が下落傾向にあるため。今までよりもより安い金額でシステムの導入ができるようになっています。また、余剰電力の買取制度 も実施されており、新築の場合、条件によっては住宅エコポイント制度の活用も可能です。

※「平成23年度 住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」

■申請期間   :平成23年4月12日~平成23年12月22日
■補助予定件数  :約17万件
■補助金額  :1kWあたり4.8万円

滋賀県の太陽光発電の補助金・助成金(平成23年度)

滋賀県内に居住しており、住宅(既存・新築)に新たに太陽光発電システム設置と断熱工事を同時に実施した個人が対象。太陽光発電については、国が実施する 太陽光発電補助金の交付が決定していること、断熱工事は省エネ基準を満たすものであることが条件。また、新築の場合は、断熱工事がトップランナー基準か省 エネ基準を満たすものであることが条件となる。
補助予定件数は250件。受付は先着順となる。

※「平成23年度 滋賀県個人住宅用太陽光発電導入・省エネグリーン化推進補助金」

■申請期間  :2011年4月25日~2012年3月14日
■補助金額  :1kWにつき3万円、上限額は12万円

設置後10年間は、余剰電力買取制度の対象に

経済産業省は、2009年11月1日から「太陽光発電の新たな買取制度」を開始しました。この制度は、家庭や事業所などの太陽光発電からの余剰電力を一定 の価格で買い取ることを電気事業者に義務づける、というもの。買取価格(2011年度)は、一般住宅の場合42円/kWh、事務所や工場などの場合40円 /kWhと定められています。買取期間は10年間で、買取開始時の買取価格が維持されたまま、10年間買取が行われます。

エコキュートの優遇制度

エコキュートの補助金

平成23年度(2011年度)のエコキュートに対する補助金制度が廃止が決定されました。
ちなみに平成22年度までは補助金額40,000円が支給されていました。

ただし、自治体によっては補助金制度を行っているところもあるため、自分の住む自治体に確認してみましょう。

エコウィルの優遇制度

エコウィルの補助金

平成23年度(2011年度)のエコウィルに対する補助金制度が廃止が決定されました。
ちなみに平成22年度までは補助金額112,000円が支給されていました。
より省エネ性能の高いエネファームが普及してきており、補助金もエネファームには支給されます。
今後はエネファームの価格低下が予想されることより、エコウィルの補助金制度の復活は考えにくい状況です。

ただし、自治体によっては補助金制度を行っているところもあるため、自分の住む自治体に確認してみましょう。

エネファームの優遇制度

エネファームの補助金

エコウィルやエコキュートの国からの補助金が廃止される中、エネファームは補助金が支給されます。
申請は 一般社団法人 燃料電池普及促進協会(FCA)に行い、
平成23年度は最大105万円が国から支給されます。

平成21年度の140万円から支給額は下がっており、今後も機器の価格とともに支給額の減少が予想されます。
国からの補助金以外にも、各自治体で補助金制度が利用できるところがあります。
詳細は、株式会社アースへお問い合わせください。